las barcas 音楽とアートの旅を。

Issues

las barcas別冊

『las barcas 別冊』では、写真家、現代美術家、小説家、映画監督、批評家など13名の批評、文学、アート作品が掲載されています。

写真作品では、根間智子が存在への根源的な問いを、風景における時間や意識という自己認識から発露し、美的な定型を攪乱させながらそのものを問う風景写真を投げかけ、仲宗根香織が、自ら赴いたさまざまな地で、時間や風景の微かな変化の中に予感の表れを見出す風景写真を提示しています。また、阪田清子は自身のテーマである「地をめぐる回想におけるからコミュニティへ」を志向するうえで求めた、故郷の山を前にした思索を絵画と詩で問いかけ、山城知佳子は「土の人」において土、水、海、人などの織りなす写真の新作10枚と詩を表しています。

そしてlas barcas2でもご参加頂いた鷹野隆大は、2014年3月に沖縄県北部地域の現在を撮影した... » 続きを読む

las barcas 2

las barcas 2

今回刊行された第二号には、阪田清子による「例えば一つの部屋」、鷹野隆大の「モノクロ写真」、仲宗根香織の「Unknown」、山城知佳子の「黙認のからだ」、港千尋の写真作品とエッセイ「アニミズム―もうひとつの時代」、根間智子「鳥の巣」という六名の写真家、現代美術家の写真作品が収録されています。

また鷹野隆大と新城郁夫は8ページにわたる対談「範囲を持たぬ影たちは、国家統治の作用点から逃れ去る」で写真と社会との接点を探求します。ここで二人は新自由主義に加えて震災を経験した社会において、写真家の皮膚とフィルムという皮膚が、いかにして朽ち果てていく風景と身体を受け取ることができるのかをめぐって対話を行います。

尾形希和子は阪田清子、山城知佳子、仲宗根香織、根間智子の写真や映像作品における親密でありながらも見慣れない"unheimlich(ウンハイムリ... » 続きを読む

las barcas 1

las barcas 1
 【Sold out】 沖縄を中心に活動しているアーティストやキュレーター、研究者が集まり、批評、文学、アート作品を自由に発表できる場を作るべく立ち上げました。タイトルの「las barcas」は、スペイン語で「小さな舟」の意。小舟で、力強く、丁寧に言葉とアートの旅をするように編んだ一冊です。 琉球大学教授の新城郁夫が、パフォーマンスアーティストのイトーターリ、川口隆夫の公演をもとに、「水」をテーマに震災後の状況を書いた「水の記憶の断層」や、若手研究者で、文学、絵画、映画と幅広く研究を行う井上間従文が、沖縄出身の画家、安谷屋正義について、現代思想や美学理論の観点から論理的に考察した論など、新しい視点でさまざまな角度から批するこれらの一考は、現在の... » 続きを読む
page top